D・I・Y(日曜大工)

DIY木材切断工具


このエントリーをはてなブックマークに追加  

木材切断工具いろいろ

 

DIYだけでなく、本格的なリフォームなどでも、
木材の切断は頻繁に行う作業ですよね。

 

それら全てを、一般的な鋸だけで行うのは、
かなりの労力を要しますし、疲れるものですし、
作業時間も掛かってしまいますから、
作業の途中で、嫌になってしまうことも・・・

 

こうなってしまっては、
より良いものを作り出すこともできなくなってしまいますから、
木材の切断作業を効率よく行う工具は必需品といえるでしょう。

 

ただ、木材をカットするだけの作業ですが、
切断する用途によって、
より効率的な工具がありますから、
こちらで用途別の木材切断工具をご紹介いたしますので、
参考にしてください。

 

また、木材切断時に使うと、
より確実に切断作業が行える、小物なども合わせてご紹介しますので、
ぜひ活用して、より良いものを作ってくださいね(^_−)−☆

 

ジグソー

一般の方が木材の切断に用いるのであれば、
ジグソーがおすすめです。

 

機械本体もさほど重くありませんし、
初心者の方でも、比較的扱いやすいと思います。

 

写真で紹介してるものは、
刃の交換もワンタッチで行えるものですから、
この点も初心者むきだと思いますよ。

BOSCH ジグソーブレードセット

BOSCH ジグソーブレードセット

それに、ジグソーは、
ちょっとした曲線切りや円を切り抜いたりすることもできますから
作品の幅も広がりますからね^^

 

 

ここがPoint!!
ジグソーを使うときには、
本体を切断対象物に密着させてから、切断するようにしてください。
本体が浮いた状態で切断を始めると、
本体が暴れて、正確な切断ができません。
また、思わぬ跳ね返りなどで、怪我をする危険がありますから、
特に注意が必要です。

 

 

電動丸鋸

木材切断工具としては、
最もポピュラーなものが、この丸鋸ですね。

 

各地のホームセンターでも必ず見かけるものだと思いますから、
今更紹介する必要もないかも知れませんが、
木材のカットという点では、
その作業性は他の工具では真似ができないものですから、
多くの方が使用されていると思います。

 

ご存知の通り電動丸鋸は木材の直線切りのための工具ですが、
ベースの角度を変えることで、
切口を斜めに切断することも可能ですから、
窓枠や額縁的な部分の45°部分切断などにも
活用できます。


しかし、丸鋸がいかに直線切断に優れていても、
実際に真っ直ぐに切断するのは難しいものです。

 

そんなときには丸鋸ガイドを使うと、真っ直ぐに切断することができます。

 

 

作業性が高いということは、
使い方を誤ると、指を切断したりして、
とっても危険な工具ですから、
慎重に作業することが最も大切です。

 

 

ここがPoint!!
切断時には、切断寸法を罫書き、
直線を描いてその線に沿って切断します。
この際、下の解説図のように、
丸鋸の刃を入れるようにするのがポイントです。
Point!!
反対に丸鋸の刃を入れると、
丸鋸の刃の厚み分、短くなってしまいますので、
ここは、間違わないようにしてください。

 

 

チェーンソー

電動チェーンソーです。
ジグソー、丸鋸と紹介しましたが、
チェーンソーは、これらでは切れないような、
大きな木材などの切断に使います。

 

例えば、丸太を切断してガーデン用の椅子を作るとか、
庭で邪魔になる木を伐採したり、
不用な枝を伐採したりなどに使用します。

 

切断面が大きいので、少々大きな木材や木でも、
楽に切断することができます。

 

また、使い方しだいで、
椅子などの座面の加工などもできますから、
より本格的な作品が作れると思います。


エンジン式のものと違って、
家庭用100ボルト電源で使用できるので、
手軽に使えると思いますが、
見てわかるように、刃がむき出しですから、
使用する際には、細心の注意が必要です。

 

ジグソー、丸鋸、チェーンソーと3点ご紹介しましたが、
いずれも、木材を切断する工具ですから、
使用する際は、
くれぐれも安全に配慮して使用するようにしてください。

 

また、使用時には木屑の飛散などによって、
目を傷つけないために、保護メガネの着用をお忘れなく!!

お役立ちサイト

スポンサーリンク


トランクルーム活用術