D・I・Y(日曜大工)

DIY電動サンダー


このエントリーをはてなブックマークに追加  

電動サンダーいろいろ

 

DIYで扱うことの多い、
木材の仕上げ作業や塗装前の下地処理、
そして、家具の塗り替え作業などの際の、
サンディングペーパー掛けを楽にしてくれるのが、
電動サンダーです。

 

一言で電動サンダーと言っても、
幾つかの種類があり、用途別に使い分けることで、
より作業をスムーズに行うことができ、
最終的な仕上がりに差がでてきます。

 

こちらでは、いろいろな電動サンダーのご紹介と、
用途をご紹介いたします。

 

オービタルサンダー

オービタルサンダーは、最も一般的な電動サンダーです。
専用のサンディングペーパーのほかに、
市販のサンディングペーパーをカットして使うことも出来るので
経済的ですから、
広い面のペーパー掛けにむいています。

 

画像で紹介してるものは、
両手でしっかり握れて、疲れにくい構造となっています。

 

私も、幾つか使用してみましたが、
片手で取扱うタイプに比べ、
操作性がよく、仕上がりのムラも少なくなるので、
みなさんにもこのタイプのものをおすすめいたします。

 

サンドペーパーの取付けや取替も簡単ですから、
DIYで木材を扱うのであれば、持っておきたい工具です。

 


専用のサンディングペーパーを使う場合には、
そのままセットすればいいのですが、
市販のサンディングペーパーを使う場合には、
パンチプレートを使って、穴をあけて使用します。

 

この穴をあけておかないと、
削った粉で、目詰まりして、
上手く削れなくなってしまいます。

 

サンディングペーパーを選ぶときには、
#80よりも#240のように、数値の大きいもの方が、
肌理が細かく、よりきれいな仕上がりになります。

 

ですから、古い塗装などを剥がすときには、
数値の小さい、肌理の粗いものを使い、
塗装前の処理などには、数値の大きなものを使うといいです。

 

このちょっとした、心遣いで、
仕上がったものが違ってきますからね^^

 

makita ペーパー #240(10枚入り)

makita ペーパー #120(10枚入り)

makita ペーパー #80(10枚入り)

 

 

デルタサンダー

名前の通り、研磨面が三角のサンダーです。
用途としては、家具などの凹んだ角などを
研磨する時などに使うと、
隅まで、きれいに仕上げることができますから、
細部まで、キッチリと仕上げることができます。

 

勿論、ある程度広い面も研磨できますから、
小さな家具くらいだったら、これ一つで、
作業することも可能です。

 

このタイプのサンダーに使うサンディングペーパーは、
専用のものを使用しなくてはなりません。

BOSCH サンディングペーパーセット(8種・合計25枚入)

BOSCH サンディングペーパーセット(8種・合計25枚入)
このタイプでよく使用するのは、
尖った先の部分ですから、
どうしても、その部分のペーパーだけが、
磨り減り使い物にならなくなってしまいますから、
平面部分と、先端部分を別々に交換できるようになっています。

 

 

ランダムアクションサンダー

こちらは、他の2種類と違って、
振動運動ではなく、回転での研磨ですから、
作業性という点では、最も優れてると思います。

 

広い面の研磨には、もってこいですよ^^

 

こちらもデルタサンダー同様、
専用のサンディングペーパーを使用しなくてはなりません。

 

BOSCH サンディングペーパー125mm #400 (5枚入)

BOSCH サンディングペーパー125mmφ #400 (5枚入)

 

 

ランダムアクションサンダーは、切削面を交換することで、
自動車のワックス掛けなどにも使用できますから、
ちょっと得した気分も味わえると思います。

 

私も、ワンボックスカーのワックス掛けに使っていますが、
手でやってたときとは、比べ物にならないくらい
楽にワックス掛けができて、
余った時間を有効活用することができるので
とっても満足しています^^

 

 

 

ここがPoint!!
電動サンダーを木材に使用の場合は、
木目に沿って使うことです。
木目に逆らって使うと、
研磨したところが毛羽立ったようになり、
塗装作業などを施したとき、仕上がりが今一になります。
ですから、木目に逆らわず研磨するのがコツです。

お役立ちサイト

スポンサーリンク


トランクルーム活用術