D・I・Y(日曜大工)

DIY 少し本格的に


このエントリーをはてなブックマークに追加  

少し本格的にDIYをするための小道具

 

前回は、家庭にあると便利な工具を3点紹介しましたが、
今回は、さらにあると便利で、
少し本格的なDIYへの入り口となる道具をご紹介いたします。

 

DIYを行うときには、
仕上がりと見た目がとても大切な要素ですから、
正確な計測は、勿論のこと、
その技術も大切になってきますから、
それを助けてくれる道具が必要になってきますよね。

 

こちらでは、そんな道具をご紹介しますので、
みなさんがこれから行うDIYに活用してください。

 

カッターナイフ

 

今更と思われるかも知れませんが、
まずは、カッターナイフをご紹介しておきます。

 

カッターナイフと言っても、さまざまな種類のものがありますし、
大きさも多種多用ですよね。

 

細い刃のものもあれば、太い刃のものなど、いろいろですが、
私のおすすめするのは、
下の画像のもののような太い刃のものです。

OLFA 刃折器付きオートロックカッター DL-1
なぜ太い刃のカッターナイフをおすすめするかと言うと、
家庭やDIYで使用する場合、
ダンボールの裁断や薄物のベニヤ板のカットなど、
力を加えることが多いですから、
刃が丈夫であることと、握りが大きめのほうが扱いやすいからです。

 

細いカッターナイフだと少し力を加えると、
刃が折れてしまって、作業がはかどりませんし、
何より、折れた刃が飛ぶ危険もあり、怪我をする可能性があります。

 

事務所などで、ちょっとした作業をするだけなら、
細い刃のカッターナイフでも問題ないでしょうが、
DIYなどで使うのであれば、太い刃のカッターナイフでなくっちゃ。

 

画像で紹介してる「OLFA」のカッターナイフは、
信頼性の高いトップメーカーのものですから、
機能的で扱いやすく、耐久性にも優れてますから、一押しです。

 

差し金

 

差し金と言っても、ご存知ない方もおられるでしょうが、
ホームセンターで工具などを探しているときに、
多分、目にしてると思います。

 

実物は、下の画像のようなものになります。

シンワ サンデーカーペンター 15×30 差し金
差し金があれば、直角を簡単に確認することができますし、
板などの切断の墨付けも簡単に行うことができます。

 

組み立て家具などを作るときにも、
ちゃんと直角に組み立てられてるかも
簡単に確認することができますよ^^

 

金槌

 

ご存知、金槌は釘などを打込む道具ですよね。

 

DIYや日曜大工では、必需品ともいえる道具の一つです。

 

そんな金槌にも一般的な、
片側が尖った、片口玄能と、両面同じような両口玄能があります。

 

片口玄能 小

藤元 本職用 両口玄能 225g 樫材使用 尺1柄

片口玄能 両口玄能

 

片口玄能は、みなさんよくご存知の、一般的に金槌と呼ばれてるものです。
一方、両口玄能は、大工さんがよく使っておられるもので、
片面は、平らになっていて、もう片方は少し丸みをおびています。

 

なぜこのようになっているのかというと、
釘を打込むとき、最初は平らな面で打込むほうが、
力が加えやすいので、平らな面である程度打込み、
最後の打込みの時には、丸みをおびた面で打込みます。

 

こうすることで、木材にへこみなどのキズを付けることなく
しっかりと釘を打込むことができるんですね。

 

でも正確に振り下ろさなければ、
木材に凹みキズを付けてしまいますから、
最後の打込みには、集中力が必要です。

 

錐(キリ)

 

金槌を使って釘を打込むと、
板や角材が割れてしまうことがあると思います。

 

これは、釘を打込むことによって、
木目に沿って、裂けてしまうからですよね。

 

大きな角材などの中心部分に釘を打込んでも、
割れることはありませんが、
DIYなどでは、板と板を合わせたり、
角材を合わせたりと、端の部分に釘を打込むことが多いものです。

 

こんなときに、木が割れてしまうことが多いと思いますが、
この問題を、解決してくれるのが、錐(キリ)なんです。

三つ目錐 小
錐を使って、釘を打込む位置に
予め、下穴をあけておくことで、
釘を打込んでも、割れにくくすることができるんですね^^

 

これは、ビス止めするときにもいえることですから、
ビス止めのときにも予め下穴をあけるようにしてください。

 

板などが割れてしまうと、強度的に問題ですし、
加重を掛ければ、そこから壊れてしまうことになりますから、
棚などを作る際には、特に注意が必要です。

 

鋸(のこぎり)

 

DIYに使用する木材や板などの切断には不可欠の鋸ですが、
その種類もいろいろですが、
私がおすすめする鋸はこれです。

Z ハードインパルス ゼットソー 9寸目 本体 265 NO.15003
この鋸の最大の特徴は、替刃式だということです。
一般的な鋸が、切れ味が悪くなったら、
目立てと呼ばれる作業を行わなくてはならないのに比べ
替刃式の場合、新しいものに取り替えるだけで、
新品の切れ味が保てる点にあります。

 

また、刃の目の細かさも選ぶことができるので、
替刃さえ持ってれば、荒切りから細かな作業まで
こなせるので、用途別に鋸を何種類も持つ必要がなくなりますから
後片付けも簡単に終わりますし、
道具の保管も少なくて済みますから、
保管スペースの問題も解決できるでしょう。

 

この鋸は、本職の大工さんも使っておられるくらいですから、
DIYに使用するのにも最適だと思いますよ。

 

そのわりには、お値段も手頃ですしね^^

 

 

まだまだ本格的とは、言いがたいですが、
ちょっとした道具と、テクニックを覚えるだけでも
最終的な仕上がりに差がでるものですから、
みなさんにもぜひ活用していただきたいと思います。

お役立ちサイト

スポンサーリンク


トランクルーム活用術